在宅チャットレディで稼ぐコツ

チャットレディで稼ぐコツ,現役チャットレディ,チャットレディ疑問,チャットレディの始め方,チャットレディの稼ぎ方

チャットレディを始める前に

チャットレディを始める前に

リスクを確認しておく

lisk チャットレディのお仕事は40代からでも一般的なOL以上に収入を得ることがかなり現実的に可能なお仕事です。
もちろん良い事ばかりではありません、世の中には色んな男性がいますから男性不信に陥るかもしれません、中でも一番のリスクは身バレなどの個人情報の流出ですが、これは本人が意識して置く事でかなりリスクを減らすことが出来ます。
チャットで仲良くなったからといって連絡先を交換したりするのはもってのほかですが、チャット中に自分がよく行く場所や店を話したするのも身バレを起こすもとになったりします、例えば、ツタヤやイオンと言ったチェーン店などではわかりませんが、その店舗でしか行っていないイベントに言った話をすれば、どのへんに住んでるんだなぁって想像されてしまいます。
また、スマフォ(初期設定のまま)で取った画像をアップするとGPSの位置情報が含まれていますので撮影場所が特定されしまう危険もはらんでいます、チャットレディを始める前にこういった事を十分認識してからチャットレディを始められたほうがいいと思います。洩れてしまってからでは遅いですから。。。。

画像の位置情報(Exif情報の一部)はアップロードする前にかならず消すか、撮影時点で位置情報を書き込まないように設定を変えておきます。
ガラケーの場合はメール添付で送信する場合には自動で位置情報が削除される機種が殆どです。

チャットレディの応募資格

sikaku チャットレディの応募資格はサイトによって多少は違ってきますが、18歳以上で高校生でないこと、年齢の上限は明記されていないサイトが多いですが、実情は35歳~40歳程度までっていう設定がおおく、人妻系のサイトだと45ぐらいまで、中には75歳ってサイトも有りますので年齢が上がってくるとサイトの選択肢は減りますがない訳ではないんでお仕事をする分には心配はいらないです。

サイトに寄っては日本国籍があり、日本国内に住所があることが条件のサイトも有りますので該当する方は事前によく調べられるか、お問合せからご相談下さい。

チャットレディに登録するために必要な物

身分証明書

licenceチャットレディを始めるには年齢の確認が必要ですので年齢と本人であることを証明する身分証明書が必要となります。サイトに寄って多少は異なりますが、年齢が確認できればいいので免許証、顔写真付きの住基カード、パスポート等になります、サイトに寄っては顔写真なしの証明書でもOKの場合があります。厳しいところだと顔写真付きの証明書+証明書を持って本人が一緒に写っている画像を要求されるところもあります。また、面接の時に再度、カメラの前で提示する必要があるサイトもあったりします。ちなみに身分証明書は写メと撮って送ればOKです、この時に必ず、身分証明書の文字が確認できる必要があります。
 携帯のサイトなどは比較的緩やかで、生年月日、氏名、写真が写ってればあとの欄は塗りつぶしてもOKなところが殆どだったりします。

銀行口座

bank チャットレディでお仕事をしたら報酬をもらうのに本人名義の銀行口座が必要となります、サイトによっては銀行によって手数料が違ったり、郵貯(パルル)は使えないところもあるので事前に調べておいたほうがいいでしょう。銀行口座は出来ればチャットレディの報酬受取り専用に作っておいたほうがいいと思います、そのほうが複数サイトからの振込などがあっても監理がし易いですし、収入が高額になって納税の申告をするようになると税務署で通帳を見せる必要がある場合もありますので、その時にプライベートと一緒だとちょっと恥ずかしかったりします。



公開日:

error: Content is protected !!