在宅チャットレディで稼ぐコツ

チャットレディで稼ぐコツ,現役チャットレディ,チャットレディ疑問,チャットレディの始め方,チャットレディの稼ぎ方

TOP画像に付いて

希望サイトへの仮登録

サイトの利用規約を良く読みます。

チャットレディサイトへの仮登録  希望のサイトの仮登録フォームから必要事項を記入して送信します。
サイトによっては仮登録の時点ではメールアドレスと希望IDの登録だけのところから住所、氏名、年齢、その他、詳細な個人情報を記入する必要があるサイトまで様々ですが、登録する以上、後から書くか先に書くかの違いですから正確な情報を書くように心がけて下さい。Webカメラをお持ちでない方はこの時点で購入されるのをおすすめします。サイトによってはカメラの代金をキャッシュバック(上限あり)してくれるサイトもあるので領収書は大事に保管しておきましょう。
 仮登録のフォームから送信する前にかならず『利用規約』を良く読むようにして下さい、後からこんなはずじゃなかったでは遅すぎます。よく読まれて納得の上、お申込みされて下さい。

カメラテスト(ない場合も有り)

仮登録フォームから送信するとサイトから折り返しメールが送られてくるので、希望のカメラテストの日程などを書いて送信します、この時に身分証明書のコピーを添付する必要があるサイトの場合は、忘れずに証明書の文字がはっきりと見える状態の物を添付して送信します。

チャットレディカメラテストの秘訣
カメラテスト自体は数分で終わります、聞かれる内容は当り障りのない世間話程度と考えておけばいいです、何も緊張して硬くなる必要はありません、普通に 会話をすればOKです。この時、Webカメラのまで身分証明書を提示することを求められる場合も有りますので事前に手元に用意しておきましょう。
カメラテストを受ける時はきちんとメイクして、デートへ行くような服装(最低でも外出着)で受けるようにしますノーメイクで部屋着のままという強者も たまにいらっしゃるようですが、お仕事に対する姿勢を疑われますのでかなりの確率で不採用になる可能性があります、そのへんさえ気をつけておけばだいたい 大丈夫です。

 

 サイト側は音声や動画がきちんと配信できているか、最低限の受け答えができるかが重点に見ています、すぐに切れて会員と喧嘩したり横柄な態度を取るようではサイトの評判を落とす事になりますので当然、不合格となります。

カメラの問題の場合はやりとりなどして解決すれば問題はありません。

本登録

いよいよ本登録ですが、カメラテストがなかった場合は、いきなりここになります、送信されてきたメールにURLが記載されていますのでそこからログインして必要な個人情報(報酬を受け取るのに必要な銀行口座名、住所氏名などの個人情報を記入して終わりです。
すでにサイトへのログイン用のアカウントが用意されていると思いますので、

ログインしてTOP画像(サムネイル)を登録してプロフィールなどを記入してからお仕事を開始します。

 

登録の際に記入した個人情報はサイトの方で個人情報保護法によって管理されますのでサイトから外部へ漏洩する心配はありません。

公開日:

error: Content is protected !!